会社情報

ご挨拶

株式会社インテグラルは、1998年1月、皮膚計測分野で最先端の装置を開発・製造しているドイツCourage+Khazaka社の代理店としてスタートしました。
その後米国Lucid社(現Caliber社)、Canfield社などの製品を加え、「非侵襲皮膚計測機器専門商社」として、主に化粧品・製薬会社の研究所向けに、研究・開発に役立つ機器を提供し、サポートを行ってまいりました。

2003年に医療用具輸入販売業(現、医療機器製造販売業)許可を得て、スウェーデンPerimed社製レーザードップラー血流計の医療機器製造販売承認を取得し、医療機器事業に参入致しました。

2010年6月には、ドイツCeramOptec社(biolitec AGグループ)が製造する下肢静脈瘤治療用ダイオードレーザ「ELVeSレーザー」の製造販売承認を取得致しました。本装置は当時、類似の医療機器が日本に存在しなかったことから、国内で臨床試験を行い、約6年の時を費やし承認を取得しました。
2014年3月には、後継機となる「ELVeSレーザー1470」が承認され、独自の構造をもつラディアル2リングファイバーとの組み合わせで、より低侵襲な治療が可能となりました。

2014年11月には、皮膚臨床分野の治療機器であるベルギーH&O Equipment nv/sa社製の皮膚良性病変の局所凍結治療器「クライオプローブCryoProbe®」の製造販売承認を取得し、2015年1月より販売開始致しました。

これからも、最先端の研究機器、医療機器をお届けし、それらを安全に、そして十分に使いこなしていただけるようお手伝いさせて頂き、皆様にとって無くてはならない良きパートナーとなりますよう、より一層の努力をして参ります。

株式会社インテグラル
代表取締役 五十幡 玲子