取扱製品

マルチファンクション レーザードップラー血流計(研究向け情報)

ペリフラックス システム 5000 PeriFlux System 5000

医療機器承認番号:21400BZY00048000

「LDPM(血流)」「温度」「カフ圧」「tcpO2/pCO2」の 各ファンクションユニットを自由に組み合わせて機器を構成できます。一般的なレーザードップラー血流計としての使用はもちろん、皮膚灌流圧測定、tcpO2測定、温度負荷測定など、微小循環測定のベーシックプラットホームとして使用できます。創傷治癒の効果判定、Amputation の判断基準、薬理作用の評価などに。

※2016年3月末日をもちまして販売を終了させていただきます。

販売名

承認番号

ペリフラックス レーザードップラー血流計

15800BZY00656000

ペリフラックス レーザードップラー血流計 PF3

16200BZY00300000

PeriFlux System5000

1つのメインユニットに最大4チャンネル、4種類のファンクションユニットを自由に組み合わせて搭載することが可能。

ファンクションユニット

●PF5010 血流ユニット
780nm半導体レーザーを使用し、安定性、再現性に優れたレーザードップラー血流計。

●PF5020 温度ユニット
温度測定及びサーモプローブを使用することにより局所を44℃まで加温することが可能。
1つのユニットで2チャンネルの温度コントロールが可能。

●PF5040 tcpO2/pCO2ユニット
経皮酸素分圧(tcpO2)及び経皮二酸化炭素分圧(tcpCO2)の測定が可能(測定できる項目は使用する電極に依存します)。

●PF5050 プレッシャーユニット
カフ圧の測定及び設定したカフ圧からの自動減圧が可能(加圧は手動もしくは外部ポンプを使用)。

レーザードップラープローブ

測定部位に適した様々なプローブがあります。詳しくはカタログをご参照ください。

解析ソフトウェア

●PeriSoft for Windows2(PSW2)・・・研究用
・一般解析(平均値、最大/最小値、標準偏差、傾き)、変化率解析(負荷前後)、周波数解析など、豊富な解析機能が可能
・測定/解析データはExcel等に出力が可能
・測定中の解析が可能

応用例(研究)

●薬理作用の評価
●化粧品、薬剤等の皮膚血流測定
●皮弁形成時の血流評価
●口腔内(歯茎、歯髄等)の血流測定
●各種臓器の血流測定
●脳血流(ラット、マウス)の血流測定 等

関連情報

文献情報
海外文献リスト

メーカーのwebよりご覧下さい。

国内文献リスト
国内文献リスト